2019年1月14日 (月)

2019年 走り始め

例年、走り始めは三浦海岸に行っていましたが、今年はちょっと時間がなく、近場の「さくらの山公園」に行ってきました。(距離的には三浦海岸と同じなんですが、高速のみとなります)


成田空港そばで、飛行機の発着が間近で見れる場所なんです。

実は、NHKの「ドキュメント72hours 」を見ているんですが、そこで放送された場所です。特集される場所にいろんな事情を抱えた人が来て、そこに少しだけ触れる番組で、とても面白いと思います。番組の中である人が「日本で、世界に一番近い場所」がコメントされたことがとても印象的で、一度行って見たいと思っていました。

20190114_134803

日曜なので、多くの人が来ていました。

Img_4638

Img_4637

この日は、北風?でこちら側には離陸の飛行機が飛んで来ます。
最近は、燃費が良くなって国際線も飛行機の小型化になってきていて、いまではほとんど見なくなった「二階建ての4つエンジン」。アシアナって書いてあるので韓国かな。さすがに離陸までの滑走距離は長く、公園上空での高度が低く迫力満点。

P1010790

個人的にかっこ良かった飛行機。詳しくないので、どこの飛行機かわかりません。
P1010612

道の駅が隣接されていたので、銚子のつくだ煮とせんべいをお土産に購入。
ちなみに、飛行機グッズエリアもあり、ビジネスクラスのスリッパも売っていました。

駐車場に戻ると、となりにCBが。手が込んでいて、かっこ良かったです。

Img_4641

ジェット機も良いけど、やっぱりバイクかな?



2019年1月 3日 (木)

2018年の登山記録

先ほど、ツーリング記録を記載しましたが、今度は登山記録です。


実は、登山も2018年は、ほとんど行けていません。毎年、どんどん少なくなってくるような、、、、。

①6月2日
通常ならば、5月に残雪の立山キャンプに行くのですが、今年は仕事が忙しいのとGWはツーリングに行ったので、ちょっと無理でした。
やっと時間が取れたので、茶臼岳、朝日岳付近に行ってきました。
Img_2872

②7月29日 ナキウサギ
登山ではないのですが、ナキウサギを見に北海道の東雲湖に行ってきました。(実は、札幌出張に合わせて、、、)早朝に移動したのですが、さすがに暑くて、まったく見ることができませんでした。それでも、ほとんど人がいない場所で、とても静かな風景です。
Img_3223

③8月4日 雷鳥沢
8月に入ると仕事も落ち着いてきたので、シーズン初めての立山。この日は天の川のタイムラプス撮影も目的でした。雲もなく、とても綺麗な天の川を見ることができました。富山の北日本新聞の取材を受けて、後日山の日に掲載されました。
Img_3293

Img_3300

④9月16日 リベンジでナキウサギ
前回は、ナキウサギを見ることができなかったので、またまた札幌への出張に合わせて、黒岳に行ってきました。紅葉は、数日早かったみたいですが綺麗だったし、ナキウサギもしっかり見れました。
Img_3933

P9171021

⑤9月23日 紅葉の立山
2度目の立山です。先週の北海道に続いての山です。今回は天の川は見れませんが、紅葉です。
Img_4126

2018年は、涸沢に行く予定でしたが、仕事と天候のタイミングが合わず、結局立山に2度しか行けなかったです。今年は、スノーシューで上高地も行って見たいと思っています。


2018年のツーリング記録

あけまして、おめでとうございます。

すでに新年を迎えていますが、備忘録を兼ねて昨年のツーリングを振り返ってみたいと思います。

①1月
毎年、新年の走り始め時に必ずエンジン不調となり工場行きとなっていましたが、昨年はそのようなことも無く、1月からツーリングに行くことができました。そこで、1月7日にいつも同じ走り始めの三浦半島に行ってきました。今回は初めてフェリー乗り場付近の温泉に入ってきました。
Img_2212_2

②3月4日
このころから、タイムラプス撮影に興味が出始めて、九十九里に日の出をみに行ってきました。思ったより寒く無く、カップラーメンを食べならがの撮影です。
Img_2283_2

③4−5月のGW
GWは、毎年北陸へ。そこでお約束の千里浜。
Img_2548_2

その後、山形の蔵王エコーライン、福島の磐梯吾妻スカイラインをまわってきました。
Img_2598_2

桧原湖奥の塩ラーメンを食べたかったのですが超満員で断念。ただし、途中の桜が綺麗で満足。
Img_2663

④7月8日
初めて大洗に海鮮丼を食べに行ってきました。アジフライが絶品だった。近いのですが、意外とまだ行ったことがなかったです。帰りに銚子に寄ってきました。
Img_3016

⑤8月のお盆
いままで夏は2年連続で阿蘇に行っていましたが、今年は北東北に行ってきました。途中、雨雲の動きを見ながら柔軟的に行程を変更することになり、最終的には、鳥海山、大間、奥入瀬、十和田湖、八幡平に行ってきました。
九州も良いですが、東北も良いです。今度は、紅葉シーズンに行きたい!
Img_3409

Img_3505

⑥10月28日
実は、夏以降、秋は登山と仕事があり、なかなかツーリングに行くことができなかったのですが、なんとか日光に行くことができました。明智平ロープウエイに乗りたくて深夜出発。また、360度カメラを購入して中禅寺湖湖畔の紅葉のトンネルを撮影しました。VRゴーグルで見たんですが、臨場感バッチリです。(まだ編集ができていないんですが、、、)いつもの蕎麦屋さんの駐車場の紅葉が綺麗。
Img_4464

⑥12月の修理、修繕
電装系をいじっていたことが原因か、ヘッドライトが切れてしましました。自分で交換しようと思ったのですが電球の外し方がわからず、また原因も不明なのでショップにお願いしました。

あと、うっかりしていたんですが、タイヤが交換時期になっていました。

何か、違った乗り物になったみたい。
Img_4566

2018年は、あまりツーリングに行けませんでいたが、それで初めて北東北に行けたこともあり、満足です。今年は、なんとか北海道に行きたいと思っています。だめなら、四国も良いかと思っています。
20190103_162409

高齢化が進んでおり、あと数年でスーパーテネレも乗れなくなるかと思います。(やっぱり取り回しが辛くなってきています)ただ、走り出すととてもよくできたバイクだと思いますので、安全運転で、可能な限り乗り続けたいと思います。







2018年11月20日 (火)

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー番外編(360度カメラを購入したら、なぜかこれも買ってしまった)

先日、ツーリングで360度動画を撮影するためにGarmin VIRB360を購入して、音声入力を検討していました。

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー③ (Bluetooth レシーバーによる 音声入力はどうか? )


ツーリング中も音声入力はできるのですが、どうしても音声がこもってしまって、いくつか検討して見たんですが、根本的な打開策がない状態が続いています。ま〜、声は録音させるので、良いかな?


さて、今回は番外編です。

VIRB360を購入してツーリングで使っているのですが、あれ・これ・それと回り回って、流れ流れて、これを買ってしまいました!

Img_4550

結構大きい! 

ちなみにバイクには関係ありません。
(ちょっと近いかもしれない)


何を買ったかと言うと、、、、、

これ。

Img_4551


プレイシート!
カーレースのゲーム用のハンドル型コントロールの設置台とドライビングシート。


なんで、360度カメラ  ⇨  プレイシート?


事の流れはこうです、


360度カメラ購入
動画が面白い
PC画面でなく、VRゴーグルで見たみたいので、VRゴーグル購入
シューティングゲーム用の自作PCが家にあった

ゴーグルを購入したので、VRのシューティングゲームをやりたい
たまたま、ネットでVRのレースゲームを見て、その臨場感に感激
ただし、通常のコントローラーでは難しい
ハンドルコントローラーを購入
テーブルに設置してソファーでプレイしたが不安定
ハンドルコントローラ用のシートを購入


ただし、まだ下手くそで、自分の想定以外の挙動を車がすると、VRゴーグルでは酔うんです。
そのため、今はまだモニターを見ながら練習中です。
(なんのために購入したのか、、、、)


2018年10月22日 (月)

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー③ (Bluetooth レシーバーによる 音声入力はどうか? )

バイクにVRカメラを取り付けたいのですが、音声入力したくて、いろいろ試しています。

前回は、SENA20SをBluetooth接続してみたのですが、音量がとても小さく実用的には困難でした。

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー② (Bluetooth SENA20S 音声入力 )

そこで、今回は、Bluetoothレシーバーをテストしてみました。

YouTubeにも載せてみました。



VIRB360 Bluetooth音声入力レビュー Bluetoothレシーバー編



レシーバーはとても小さく軽いので、ヘルメットの口の部分にベロクロテーブで固定しました。小さなマイク穴をちょうど口のそばに設置しました。





20181015_223719




バッテリーはフル充電で10時間程度持つようなので、電源を入れっぱなしでもOKです。

結論から言うと、


①少し音がこもるようですが、音量的には実用に耐えるレベル


②周囲の音も程よく入るので良い


③マイク穴の位置は、シールドを開けたりしたが、その影響はないみたい


④VIRB360の電源を入れる、または録画を開始すると、すぐにBluetooth接続される。

SONY FDR-X3000へマイクの外部接続と比較すると、音がこもっているのがよくわかります。これはレシーバの性能なのかもしれませんが、とりあえずこれで使ってみたいと思います。

ついでに画像ですが、バイクのスクリーンの影響が少ないようですが、やはりSONY FDR-X3000と比較すると画像が荒いのは仕方がないです。



20181022_204734




20181022_204817



あと、カメラの位置は後方のトップケースにマウントをつけてみて、移動してみました。



Img_4299




ほとんど、ブレもなく良いかと思います。

20181022_204929




VIRB360は、確かにアクションカメラと比較すると画質は劣りますが、自由編集(HyperFrame)機能があるので、これは楽しいです。

20181022_204953_2




ナビバーに設置した時は、どうしても少しブレてしまうので、マウント方法を検討する必要があるかと思います。






2018年10月14日 (日)

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー② (Bluetooth SENA20S 音声入力 )

今回、バイクツーリング記録用に360度カメラ Garmin VIRB360を購入しました。

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー① (とりあえず購入)

購入理由①の音声の外部入力を試してみました。

今は、Sonyのアクションカムのマイク端子にヘルメットに設置したピンマイクを外部接続して動画に音声を入れています。そこで、今回はVIRBにBluetoothで音声入力する考えです。


私はほとんどがソロツーリングしています。しかし、ナビ案内や音楽、それにレーダーを聞きたいので、BluetoothレシーバーとしてSENA20Sを使っています。SENA20Sは二つまでBluetooth機器を接続できるので、ナビとVIRBを接続したいと思います。

Img_4313

結論ですが、
1)Bluetooth接続は問題なくでき、音声も入力できた。しかし、音量がとても小さく、またときどき途切れて聞き取りにくい。(これは編集でなんとか改善可能)
2)本体のマイクをオンにするとエンジン音や風切り音で、音声がまったく聞こえない(これは本体マイクをオフに設定できる)
3)VIRBがBluetoothで繋がっている間は、ナビの音声案内は聞こえるが、音楽は聞こえなくなる(これはVIRBの電源を撮影以外はオフにすることで回避可能)
4)360度画像を2Dで書き出すと左だけのモノクロ音声となる(これは我慢する)

改善は可能ですが、特に音量の小さいことが重症で個人的には実用には問題があるかと思います。

Youtubeに少しだけアップしましたので、興味があれば見てください。

20181014_191544


あと、ついでにカメラの設置場所をトップケースに移してみました。個人的にはこのアングルも良いかと思います。

20181014_192105

ただし、後ろの場合は、電源などいろいろと課題もあり、設置場所については、改めて検討したいと思います。

少しだけ使ってみた感想ですが、画像や操作性については、バイクツーリング用としては適しているのではないかと感じました。










Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー① (とりあえず購入)

先日、家族旅行に行くのに360度カメラをちょっと使ってみたら、ともて面白かったので、バイクツーリングに使ってみたくなりました。



今使っているSony FDR-X3000より確かに画質自体は比べ物ならないくらい劣りますが、一度に360度の録画ができて後からの2Dへの編集も自由にアングルを変えることができる。

そこで、いろいろ悩んだのですが、Garmin VIRB360を購入しました。

Img_4312




VIRB360に決めた理由ですが、





①外部の音声入力ができる


ツーリングの動画は、エンジン音だけを聴きながらの動画はともてつまらなく、やはり音声が入っていると良いと思います。(私は「しゃべり」が面白くも無いので、ほとんどが個人の記録用としていますが、、、、)


そのために、音声の外部入力が必要になります。360度カメラのほとんどが外部入力がなく、VIRB360はBluetoothでの音声入力ができる。

②本体のみで防水機能がある


これは説明不要ですが、雨天でも使用できる。(それに、なんとなくタフそう)



③メモリーが本体ではなく、SDカード仕様。
数日のツーリング時は本体メモリーのみでは容量が心配。出先でのスマホ等へのデータ移動は面倒。

④バッテーリーが交換できる


これは③と同様。もともと360度カメラはバッテリーの持ちが短いようなので、バッテリーをいくつか予備で持っていると途中で交換できる。また、VIRB360はUSBやバイクのバッテリーから持続給電できるマウントも純正で発売されている。

⑤その他


デザインがカッコ良い。(個人の好みですが)


形状も縦長でなく、横広でもなく、設置しやすい。


レンズカバーが交換可能。





バイクに設置するので使い方がハードになるので、Garmin製でアウトドアで酷使に耐えれると思いました。





とりあえず、バイクの設置してみました。



Img_4306_205605


Img_4303




ナビ設置バーに付けたのですが、ちょっとグラグラになっているのと、写りにスクリーンの影響が出るのかとちょっと心配です。





今後、音声入力や画像についてレビューして行きたいと思います。

















2018年9月 2日 (日)

カメラ初心者が天の川のタイムラプス を始めたら、どうなる?

半年ほど前から、突然タイムラプス を始める事にしました。

あまりにも無謀なことでもあり、備忘録も兼て記録に残そうを思います。

もともと、(なんちゃって)登山をすることもあり、ドーンとした迫力のある風景写真を撮りたくて、
マイクロフォーサーズのミラーレスカメラと超広角レンズは持っていました。
ただ、カメラの事は素人で、それでも自分の気に入った写真はA4プリントしてして額に入れて壁に掛けて楽しんでいました。夕日を写真に撮る事はあっても、星空を撮影する事はなかったです。

そんなある時、たまたまYouTubeで下記の動画を見たんです。

モーション・タイムラプスの世界 - 上武山地に浮かぶ夏の銀河 (IR改造カメラ)

う〜ん、凄い!

星空なんて、子供のときに浜辺でキャンプしたときに夜空一面に見えて、少し怖かった記憶があるぐらいで、天の川なんて全く覚えていません。こんなに綺麗に見えるものなのか?
また、車も写っていて、とてもカッコが良い。自分もバイクを乗っているので、このような動画(写真?)を撮ってみたいと思った。

また、別の動画では、山岳でのタイムラプス もあり、素人の自分はここまでは絶対に無理でもせっかくの登山をしているので、なんとか似たような動画を撮ってみたいと思ったのがキッカケでした。

星空タイムラプス#50 白馬八方池に映る星空 Star 4K Time Lapse in Japan#50 ~ Starry Sky in Happo Pond

素人が始めるので、最初は基本的な事も全く知らずに、分からないことや今まで勘違いしていたことが多くありました。半年が経過した今でもわからないことばかりで、多分間違ったことも多くしていると思います。

これから、色々と記録に残して行きたいと思います。

まだまだ、載せれるほどの写真が取れていませんが、記録の一つとて先日撮した天の川(雷鳥沢キャンプ場)を載せておきます。

1vqaabgq





2018年8月26日 (日)

ヘルメット ウインズジャパン X-ROAD購入しました

今まで、アライのツラークロスを使用していましたが、購入してから4年ほどたったので、ヘルメットを新たに購入しました。

昔はシールドをスモークにしていたのですが、ある年齢から夜の視界が狭くなってきて、特に雨の日の夜は極端に見えづらくなってきたのでクリアなシールドを使っていました。ただ、オフロードのヘルメットを被っていてもやはり日中は眩しく、インナーバイザーのヘルメットを探していました。

そこで、見つけたのがウインズジャパンのX-ROAD。

ただ、ブラック・ホワイトのMサイズの在庫がなく、注文してから約1ヶ月かかって先日届きました。

そこで、アライとの比較して感じた事を記載したいと思います。

Photo_3

①外観
カラーは違いますが、デザイン自体は似ているかな?アライは光沢ですが、ウインズはマットとなっております。マットの方が汚れがつきやすいみたいです。

ツバの取り付け角度がウインズは浅く、アライより若干上向きになっています。高速を走ってみましたが、風圧の影響はほとんど無いようです。

②装着感
サイズですが、アライは57・58cm。ウインズはMサイズで、ちょうどだと思います。アライ
はパットが多少ヘタっているので正確な比較はできませんが、アライは全体的に特に頬全体でサポートしている感じですが、ウインズは下顎を斜め下から支える感じの違いがありますが、ホールド感は問題ないと思います。

SENAの取り付けも問題ありませんでした。ただ、ウインズは耳部のスペースが狭くスピーカーのスポンジを取り外しても、少し耳にあたってしまいます。少しだけ耳に触れる位置に変更して使ってみましたが、5時間程度のツーリングでは問題ありませんでした。

③機能
インナーバイザーのスモークシールドは最高です。開閉操作も慣れると走行中の操作も問題ないと思います。私は標準装備のミラーからスモークに変更していますが、ちょうど良い色合いでとても良いです。

Photo_4

これだけで、購入した満足感があります。

ただ、ベンチレーションは全く無いように思います。アライの場合は開けると頭がヒンヤリしますが、まったく空気が流れている感じがしませんでした。また、蒸れ感もありました。ただ、インナーバイザーがあるのでシールドは開けておけるので、そこから風が入ってくるので、少しは良いかと思いました。

シールドの開閉ですが、指を引っ掛ける時がアライは左前方についていて左手で開けやすいのですが、ウインズは全面中央にあるのでちょっと開けにくいように感じました。ただ、これは慣れれば問題ないかもしれません。

顎紐ですが、とても着脱しやすいと思います。グローブをしていても操作できました。ただ、冬用の分厚いグローブでは操作していませんので、わかりません。

④その他とまとめ
ヘルメットの本来の保護機能は不明ですが、価格は約半分程度であるにも関わらず、現状ではとても満足できる製品だと思いました。

あとは、長期使用での使用感も今後見てみたいと思います。


2018年8月25日 (土)

スーパーテネレのメータ周りの整理。ドラレコDV188の問題点も一部解消。

以前に取り付けたドライブレコーダーのMOTOR DV188。

Img_2051



バイク用ドライブレコーダー DV188 レビュー

その後、動作自体は問題なく動作しており、また安全運転に心がけている(?)こともあり、幸運にも録画を活用する事態も発生しておりません。

ただ、気なる点が2つあります。
①取り付け時にも感じていたんですが、メーター周りがごちゃごちゃしている。
②起動時に大きな音でチャイムがなるので、高速のSAなどではちょっと恥ずかしい。
③DV188の本体は非防水

DV188は前後の動画が本体で確認できるので、設置してから当初はたまに見ていた事がありましたが、その後はいっさい見る事もなくなりました。
そこで、本体をシート下か、カウル下に移動することにしました。

ただ、シート下はETC本体があり、スペースがありません。カウル下もスペースはあるのですが本体を固定することができません。

探していると、ありました!

工具設置にスペースがあり、ちょうど本体がぴっちり入りました。

Img_3381

完璧!
カウルの下になるので、起動音の少しは静かになるかと思いましたが、まったく効果がありませんでした。残念。

ただし、メーター周りはすっきりしましたし、雨もかからないので防水問題も解決です。

Img_3561

あとは、レーダーの位置ももう少し目立たないところに移動したいと思っています。



«北東北ツーリングの前に、魚沼スカイラインへ。2018年夏。

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ