« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

HONDA 400Xに無い物や付けたい物(その⑤) どのナビが良いの?

寒さ対策も、まだグローブが完璧とはいきませんが、順調?にほぼ終わったところです。先日カクレクマノミおやじ さんから、モバイルバッテー付きグローブを紹介していただいたいので、試してみたいな〜って思っているところです。

さて、以前にHONDA 400Xに無い物や付けたい物(その④) で、iPhoneを取り付け、ナビアプリを使用しています。

そのアプリですが、皆さん、何を使っています?

やっぱり、オフラインでも使用できる物が良いと思い、私は、MapFan+ を使っています。とても良いと思いますが、今度、新しくカーナビタイム が販売しました。そこで、簡単ですが、バイクツーリングとしてどちらが良いのか比べてみました。あくまでも、個人的な主観が入っていますので、参考程度に見てください。また、バイクツーリングのみでの使用感となります。


①MapFan+

 
Cap_func3



画面はいたってシンプルです。ただ、シンプルが故に、ぱっと見でも理解しやすいです。特にバイク運転中なので、画面まで比較的距離もあり、目線を結構下に下げないといけないので、これは重要と思いました。


 
あと、渋滞情報が画面に出るので、首都高などの迂回にも良いかと思います。ちょっと渋滞しすぎるときは、何がなんだかわからなくないますが、、、、。
また、この機能は、カーナビタイムにもありますが、こっちは逆に表示が小さく見にくいかと思いました。


Cap_func4


それ以外で、良いところは

1、出発地や目的地、経由地などマップ上から簡単に選んだり設定したりできる。

2、有料機能を使うときの値段が比較的安い(1年間3000円で、延長時には割引があるみたい)
 
改善して欲しいのは、
ルート検索後の数パターンの表示されたとき、全ルートが見れるんですが、ルートを拡大できなくて、部分的に確認することができません。



②カーナビタイム

 
Carnavitime_ios_sp_desc_1_image


画面は、普通の車の専用カーナビのように、デザイン的にはこっています。ただ、手にもってじっくり見るには良いのかも知れないですが、バイクではちょっとごちょごちょしていて、ちょっと見づらいように思いました。(私が近眼だからかもしれません)


ただ、高速では、三つまで先のインターなどの情報が出るので、ちょっと安心感があります。特に、サービスエリアがどのくらい先にあるかもでるので、これは意外と便利でした。


 


それ以外の良い点は、

1、到着時間や距離の表示が大きく、とても見やすい。

2、ボイスコントロールができる。

ボイスコントロールですが、冬用グローブがスマホ対応では無くなったので、 とても良い機能です。どうしてもナビを使っていると画面を拡大、縮小をすることがあります。ナビを使用している時に「ナビタイム」って言うとボイスコントロール機能が起動します。ただ、そうするとBluetooth機能が使えなくなるみたいです。ですが、iPhoneの耳を当てる部分のセンサーに手をかざすとボイスコントロール機能が起動しますので、まったく問題ありません。


 

そこで、実際にこのボイスコントロール機能が使い物になるのか、試してみました。

結論から言うと、微妙でした。


 
停車中であれば、ちゃんと動作してくれるんですが、一般道での走行中では時々反応しません。高速道路の風切り音が激しい時は、マイクに口を近づけて話しても、全然認識してくれませんでした。ただし、これは防振動用のケースに入れているので、声が届きにくいのかもしれません。(マイクの穴は開いているんですが、、、)

ちなみに、コストですが、有料機能を使うには、1年間 4900円かかるので、ちょっと高いです。


 
現時点では、カーナビタイムの方が見ていて楽しい(?)ので、とりあえず、交互にもう少し使ってみようと思います。














 


2014年1月30日 (木)

400X ツーリング 寒さ対策④  最後はやっぱり指先ですよね

日々、寒さ対策に明け暮れております。



しかし、おかげさまで、明け方の高速でも寒さを我慢することもなく、走ることができるようになりました。




しかし、最後まで残るのは、やっぱり「手」「指先」ですよね。


ここは、どうしても冷たくなってしまいます。防寒重視にすると、ゴワゴワになって、ブレーキやクラッチレバー操作がやりにくくなってしまう。


どうしても長時間運転していると、指先が冷たくなってしまって、結局サービスエリアに入って、暖かい缶コーヒーで手を暖めることになります。




あと、もう一つの問題が、、、、。




ナビです。




走行中に、画面を拡大したり、縮小したりすることもあり、グローブをしているとタッチ操作ができません。


そこで、防寒防水かつスマートフォン対応のグローブを探していました。




やっとそれらしい物を見つけて、早速ゲット!




SCOYCO (iPhone 対応) 100%防水 防寒 自転車 バイク アウトドア グローブ



51jvonjb14l







なかなかデザインも良いです。


さらに、人差し指と親指にスマートフォンにタッチできる素材が付いています。




51advubctql







実際にiPhone5で使ってみましたが、ちょっと感度が悪いのか、反応しないこともありましたが、画面との接触面の角度や向きを変えると、なんとか使えるレベルですが、あまりストレス無く使用できます。




ただし、防寒・透湿仕様とありますが、防寒効果は大きくはありません。どうしても、手が冷たくなります。さらに、手首のカバー部分が短いので、袖口から風が入ってきてしまうような気がします。


これは、春秋用にしようと思います。




ここは、スマートフォン対応はあきらめて、もっと防寒効果の強いものにしようと思って、またまた登山用を探しましたが、やはりゴワゴワの物しかないみたいです。




そんな中、バイク雑誌で絶賛していたグローブがありました。




ヤマハ YAG32 CTX ツーリンググローブ ブラック



410prhsvrll







以前のグローブと比較しても、さすがにゴワゴワですが、意外と操作はしやすかったです。また、手首部分も大きくとってあるので、袖口からの風の侵入も無いみたいです。




Img_2174






実際に高速を走っても、若干親指の指先がちょっと冷たくなりますが、問題ないようでした。




これ以上は、もう衣類では無理でしょう。そうなると、本当は最初から熱線を入れるか、グリップごと変えるか、ハンドルカバーを付けるかになりますが、改良する知識がないので、これで今年の冬は乗り越えようと思っています。




皆さんは、手の防寒は、どうされてます??


2014年1月27日 (月)

400X ツーリング 寒さ対策③  夜明け前の高速はどうする?

ちょこちょこと、寒い中、試行錯誤しながら完全な防寒装備を目指しております。
 
 
おかげで、一般道を走る分には、ある一部分を除いて、もう寒さを感じることがなくなりました。
そうなんです、「一般道」では、なんです。夜明け前の高速では、やっぱり寒いんです。どうしても日の出をカメラに収めたくて、一番寒い時間の明け方に高速を走るんですが、やっぱり寒いんです。
 
そこで、基本的には防寒は登山用品を流用しているんですが、前回購入したインナーパンツ で、やはりバイクにはバイク用品と思い、おなじメーカーのロード&ラフのインナーウエアも、購入してしまいました。
 
Rr6885_spec
 
その実力は、一番下にユニクロのインナーを着て、中間のインナーダウンとの間に着てみましたが、とてもすばらしいと思います。夜中の高速でも、ちょっとだけ寒いかな?って感じです。もちろん、日中の一般道は、本当に寒さを感じなくなりました。
 
やっぱり、バイクにはバイク用品なのかもしれませんね。
これで残すは、「ある部分」のみです。

2014年1月22日 (水)

400X ツーリング 寒さ対策②  どうしてます?

こんにちは。

 
スクーターから400Xに乗り換えて、足が差くむなって先日、バイク専門メーカーが作ったインナーパンツを購入してその性能に満足しておりました。
 
 
今、私がツーリング時に着ているのは下から行くと、、、、
 
まずは、足下。
バイク用のブーツも良いのですが、デザイン的にいかにもバイク用って感じなので、登山用を使っています。
 
M_k_1129303_aule
 
ゴアテックスなので、防水、防風効果もありますので、登山用のウールのソックスと合わせると、とてもあったかいです。登山用のシューズは紐なんですが、これはワイヤーで締めるので、とても簡単です。問題なのは、ミドルカットなんですが、どうしても足首を固定するようになっているので、ギアチェンジがすこしやりにくいです。
 
次にパンツです。
インナーは前回紹介しました、ラフ&ロードのインナーパンツ。
 
Rr6886_spec
 
アウターパンツは、これも登山用のトレッキングウオームパンツ。内側に起毛の素材があり、少しの保温効果もあります。結構、防風効果もあるようで、インナーと合わせると、まったく寒くありません。
 
Ho21356_wr
 
次に、上半身ですが、インナーはあの有名なユニクロのヒートテック!
 
130823bnrlongshirts
 
実は、効果はどうなのか、微妙と思っているんですが、周りの友人が絶賛するので、良いのだと思います。とにかく、安いし、、、、。
 
そして、ミドルウエアーは、ちょっと贅沢にインナーダウン!
 
K_1101374_chbk
 
フリースでも結構暖かいのですが、着膨れもしないし軽いし、フリースより少し暖かいように感じています。
そして、アウターは、もう何年も使っているモンベルのツーリングジャケット。
 
1131201montbell_1
 
これは、結構しっかりした作りで、ポケットにも折り返しがあり防風効果が強いです。脇の下は解放することもでき、初夏でも使っています。ただ、マジックテープがいろんなところにあり、結構バリバリと音がします。
 
防寒の基本は、
①肌に密着して、汗を吸って、いつも乾いた状態にするインナーウエアー
②暖かい空気を保持するミドルウエアー
③外からの風をシャットダウンするアウターウエアー
の組み合わせになりますよね。
この組み合わせで、ある一部分を除いて、日中の高速まではばっちりです!
そうなんです。
あくまでも、「ある部分を除く」のと、「日中」の高速までなんです、、、、、。

2014年1月20日 (月)

400X ツーリング 寒さ対策 やっぱりインナーが大切

こんにちは。

昨年末にHONDA 400Xを購入して、先日、やっとならし運転が終わりました。
思い起こせば、寒さ対策で試行錯誤の連続でした。
最初は、以前に持っていたウエアを使っていましたが、なぜが寒い!
 
なぜ???
 
以前に乗っていたのは、スクーターのマジェスティ。スクーターと400Xとの違いは??
一番違うのは、足でした。そうなんです、カウルの有無です。スクーターは足をそろえて乗れて、カウルがあるので、風が当たらないんです。だから、とにかく膝上の太ももの前側が寒くて寒くて。
最初は登山用のパンツをはいていましたが、やはり寒い。
防寒ウエアでは、やはり最初に登山用を考えますが、バイクとの違いは、
①強い風が当たる
②汗をかかないので、発汗対策よりとにかく防寒性能重視
となりますよね。
そうなると、風対策を考えたインナーとなり、ググってみると、良さそうなのがありました。
ROUGH & ROADのウインドガードストレッチアンダーパンツ。
Rr6886_spec
風が当たる太もも部分が強化されているようで、期待してしまいます。
本当は、ちょっと疑っていました。
ところが、ところが、これがすごいんです。べつに、メーカーの人間ではないのですが、結構防寒効果があります。冬の高速でも足はゼンゼン寒くありません。
やっぱり、バイクはバイク屋の製品が良いのかもしれませんね。

2014年1月13日 (月)

400X 祝、ならし運転終了!

やっと、走行距離1000Km到達して、ならし運転を終了しました。

Img_2085
なかなか、遠出できずに、購入後1ヶ月半かかりました。
この三連休は、三浦半島と相模湖に行ってきました。
もちろん、三浦半島は、三﨑のマグロ丼!
相模湖は、学生の頃によく行った大垂水峠!ただし、日中でもあり、車が多くて、コーナーを気持ちよく走れるって訳ではないでした。
帰りの高速で、ちょっとエンジンを回してみましたが、思ったより気持ちよく回るので、ちょっとうれしかったです。
三連休ではないですが、昨年末にいった山中湖から見た写真をのせます。
夜明け前でもあり、途中の高速は寒かったですが、富士山はとても奇麗でした。
P1080075
ついでに、朝焼けを受けた400X!
結構、かっこいいですよね!
(まだ、キャリアもトップケースを付けてない、買ったばかりのサラの状態です)
P1080115
ちなみに、初期点検は年末に受けて、その時の走行距離は700Kmでしたが、オイル交換はしましたので、ま〜、今度は3000Kmぐらいで交換しようと思います。

HONDA 400Xに無い物や付けたい物(その④) ナビが欲しい

こんにちは、HONDA 400Xを購入して、せっせとならし運転をこなして(?)います。

さて、スクータから乗り換えて、いろいろと無い物や欲しい物があり、ちょこちょこと付けています。
ツーリングを行うののETCとトップケースを非常に役に立っています。
ただ、やはりナビが欲しいですね。車でのドライブでは、もう無くてはならないものになっていますし、バイクでは地図をちょくちょく見れないので、やっぱりあげれば便利ですよね。
ただ、純正のナビは高価でどうしても付けることには抵抗が、、、、。
しかし、現在は、iPhoneのナビが充実してきているので、ここはスマホで代用したいと思います。ちょうど、Mapfun を持っていたので、これを活用することにしました。
そこで、バイクへの取り付けですが、一番心配なのは振動の影響です。バイクに取り付けることができるケースもありますが、ほとんどがバイクといっても自転車用みたいで、オートバイの付けることができるのは無いみたいです。
それに、もちろん雨の日もあるので、防水でないと、、、、、。
そこで、どうも自転車用のようですが、ネットではオートバイにも使えるような記載もあり、とにかく一番物が良さそうな
を購入しました。
Img_1831_2
工具も付いていて、ケース本体と中にゴム製の緩衝剤があり、さらにiPhoneにつけるプラスチック製のケースと三層になっています。
なかなか良さそうです。

Img_1834_8

400Xは2気筒なので、振動も多そうですが、自転車でも使えるならオートバイでも大丈夫でしょう?って変に納得しております。
さっそく、バイクのに取り付けてみました。
Img_1939
とりあえず、マウントをハンドルに直接付けてみました。
本体を付けると、メーターパネルの邪魔もしないし、結構良いみたい。
P1080355
ただ、キーイグニッションまでの距離がなくて、ちょっとキーを差し込む時にじゃまになってしまっています。
P1080357_2
これで、ナビが使えるようになりましたので、とりあえずこのままで暫く使ってみます。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ