« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

XT1200ZE スーパーテネレ 河口湖紅葉ライトアップ ツーリング

先日、河口湖の紅葉台と紅葉のライトアップに行ってきました。

週末の中央高速は、絶対に渋滞するので、ちょっと早めに出発です。

さて、紅葉台。
何人の方がブログで紹介されていますが、景色は最高。ただ、展望台を兼ねたレストハウスはちょっと古い。それより、展望台までの道が未舗装で凸凹らしい。

実は、テネレを買って、初めての林道走行。まだまだ、取り回しに慣れていないので、林道はちょっと心配でした。
結果的には、こけることも無く、無事に走行できました。もちろん、道が狭く、車とのすれ違い時には気を使いましたが、、、、。
それより、このバイクの良さを実感です。主に1速での走行となりましたが、エンジンが粘りつよく、エンストの予感は全くしませんでした。ちょっとハンクラを使うと、なんのストレスもなく、順調に走ってくれます。

もちろん、景色は最高です。

P1100533

その後、河口湖を半周して、紅葉のライトアップ会場へ。
途中で、テネレとバチリ。

P1100559

途中で、富士山名物の吉田うどんを食べて、ライトアップ会場へ。

とにかく、人がいっぱい。想像以上です。
P1100674

三脚が無く手持ちだったので、絞りを絞れず、富士山にピントが合いませんでしたが、なんとか雰囲気だけでも。。。。

P1100683

観光客が多かったですが、けっこう綺麗で、満足です。

帰りは、真っ暗になりましたが、安全運転で帰りました。

2014年11月25日 (火)

XT1200ZE スーパーテネレ 無い物、付けたい物③番外編 (やっぱり小さいのも欲しい)

すー前の400Xの時も購入したストラップ。やっぱり、キーフォルダーにつけたいですよね。



スーパーテネレにもストラップが無いのかと探しましたが、逆輸入車でもあり、あまりポピュラーでも無いのか?それともYAMAHAも販促に力を入れていないのか?
Amazonや楽天、またはヤフオクを探しても、見つかりませんでした。

諦めかけた時に、バイクも海外輸出車ならば、海外で売っているのでは??
そういうことで、eBayを探したら、ビンゴ!!

やっぱり、ありました。
ただし、ストラップではなくて、ピンバッチ。早速、購入〜。

1週間程度で送ってきたので、ドリルで穴を開けて、キーフォルダーに!
白色のスーパーテネレですが、満足満足〜。

Fullsizerender_2

ん???
何気なく見てると、キーフォルダーもあるじゃないですか!
これもポチッと、、、。

これは、先ほどのピンを利用したものになっていました。
ただし、けっこう良くできていて、これも満足、満足。

Fullsizerender1

上から、青色を塗ろうかな〜。

2014年11月16日 (日)

XT1200ZE スーパーテネレ 無い物、付けたい物② GIVIモノロックを付けたい

ないスーパーテネレにトップケースを付けたいと思いますが、どうも純正の真四角のケースは、デザインもいかにも!だし、容量も小さい事もあり、ちょっとパスかな?

そこで、前の400Xに付けていたGIVIのモノロックケース を付けようと思いました。そこで、単純に付属の汎用ベースを取り付けようと思いましたが、スーパーテネレのキャリアでは穴の位置が違ってこのままでは、付かないようです。
そこで、穴を開けようと思いましたが、キャリアは硬化プラスチック製のようで、どうも強度に問題があるみたいです。そうなると、キャリアを違うメーカーの物に変更しようと考えていましたが、GIVI純正のベース付きのラックがあるみたいなので、それにしようと思いました。



ところが、MONOKEY用があるのですが、MONOLOCK用がありません。
どうも、スーパーテネレを乗る人は、大きな荷物を積むので、MONOKEYをつかうだろうと考えているようです。
しかたが無いので、どこかのキャリアを探していたら、MONOLOCK用のベース があるようです。
そうすると、MONOKEY用のスペシャルラックとこのベースを組み合わせると、付ける事ができるのでは???
ちょっと高くなるが、行く行く、MONOLOCKケースが壊れたら次回はMONOKEYを購入する事になるので、その時には付ける事ができるので、この組み合わせにする事にしました。

結果的に、ちゃんと付ける事ができました。
Img_3570

もう何度が使用したので、傷がついていますが、デザインの良いですよね。
後部のシートと一直線になっていて、まるで純正で最初から付いていたようで、シルエットも壊さず、とても良いですよね。

トップケースも違和感無く、純正の四角ではないので、ゴツさもなく、満足しています。

P1090962


2014年11月10日 (月)

XT1200ZE スーパーテネレ 無い物、付けたい物 iPhone6 マウント ケース

スーパーテネレ専用では無いのですが、iPhone5から6に機種変したので、ナビとして使用しているので、バイクにマウントできるケースを購入しました。

TiGRA Sportのバイク用ホルダー ケースの MountCase BIKE KIT for iPhone6 です。

Img_3326
多分、iPhone6専用のバイクにマウントできるケースとしては、最初ではないでしょうか?

以前の同じメーカーのケースを使用していたのですが、ちょっとゴツくて、もう少し薄めのスマートなケースが良いかと思っていたら、見つけました。
さすがTiGRAの製品だと思います。ケースの寸法もピッタリですし、作りもしっかりしています。
早速テネレに装着してみました。
P1100519

P1100521

とても薄く、装着も簡単です。

ただし、ちょっと気になる点もあります。

①心配な点
ケースに本体を嵌め込むことになるのですが、衝撃で外れてしまわないか心配です。
ケースと本体との間にゴムなどがないので、バイクの振動でiPhoneが壊れないか心配です。
レイン用のカバーが付属していますが、裏面のカメラ部分がカバーされていないので、ここから雨が入らないか心配です。

②問題点
レインカバーを付けると、指の感知が悪くなり、反応しない時があります。特に、画面の隅はほとんど反応しません。これは、iPhoneの液晶にフイルムを張ってあるのも影響しているかもしれません。
スマートフォン対応のグローブをしていると、まったく液晶が反応しません。これは、ちょっと困ります。

とりあえず、輪ゴムをして、ツーリングに出かけてみました。

P1100499
結果ですが、

①高速でも外れる事が無く、これは輪ゴムが無くても大丈夫だと思います。実は、立ちゴケしたんですが、ケースから飛びだす事もありませんでした。

②液晶面に何もかけないので、画面が鮮明に見えて、意外と良かったです。

③ただし、途中で雨が降りそうな気がしましたが、高速走行中だったので、さすがに雨用のカバーを途中で付けることは出来ません。これは、ちょっと心配です。

④やはり、雨用のカバーを付けると、スマホ対応グローブでは反応しませんでした。これは、ちょっと不便。

⑤振動の本体への影響は未知数です。

スマートでケースとしては、とてもよく出来ていると思います。
ただ、バイクでの長距離ツーリング用としては、ちょっと不便もあります。

実は、最近、おなじメーカーから、対振動性能を持った以前のiPhone5用と同様のケースが出ました。

買い替えるか、ちょっと悩んでいますが、もう少し、このケースを使ってみようと思います。

2014年11月 9日 (日)

XT1200ZE 日光ツーリング 紅葉真っ盛り、 でも、、、。

スーパーテネレを購入して、二回目のツーリング。

仕事をしてると土日しか時間が無くて、早く慣れたいのになかなか乗れない。
あとは、土日に天気がいい事をいつも気になってしまう。

今回は、日帰りで日光に行ってきました。

もっと混んでるかと思いましたが、いろは坂も明智平のロープウェイ駅の駐車場手前で渋滞していただけでした。駐車場の出入りを誰か交通整理すれば、もっと渋滞がなくなるのではと思います。

ロープウェイは乗るのに時間がかかりそうだったので、休憩だけして、華厳の滝に。




20年ぶりかと思います。
展望箇所も綺麗になっていたような。

中禅寺湖畔は、紅葉真っ盛りでした。
そのまま戦場ヶ原を通過して、もう一つの滝の湯滝。




華厳の滝とは全く違いますが、近くから見れるので、結構迫力があります。

その後は金精街道の紅葉を見ながら帰ります。

途中で、紅葉とテネレ





渓谷を眺めながら手打ちそば。



ここまでは、順調でしたが、またまた、ショック。
蕎麦屋さんの駐車場で切り返そうかと思ったんですが、ジャリになっててちょっと滑ってバランスを崩し、立ちゴケ〜。

が〜ん。
二度目〜。

2014年11月 6日 (木)

XT1200ZE 初ツーリング② いきなり洗礼が、、

今日は、ビーナスラインの紅葉と美ヶ原に行こうと思います。

納車後 二日目もあって、だいぶ慣れてきました。
昨日は、ほとんどが高速でしたが、今日はワインディングも走ってみます。

朝早い事もあり、気温は低く、手が冷たくなってきたので、早速グリップヒーターを試してみました。
個人的には期待してたんです。
温度調節は三段階になっていますが、真ん中であったかく感じました。思ったより効果がないような?
これで冬用の厚手のグローブをするとあったかく感じないような、、、、。ちょっとショック。

高速を降りて、いよいよビーナスラインに入ります。
下の方はまだ紅葉が早いかもしれません。

バイクを途中で道端に止めたいんですが、足場が悪いと立ちゴケの危険性も。





途中で一枚。

ワインディングを走った感想は、とても走りやすい。慣らしなので、無茶はできませんがSモードで走ると、そこそこ加速もする。ただ、1200ならもうちょっとあってもって感じました。ま〜コンセプトが違うから。
前後連動のブレーキが良いのか、カーブ手前の減速もパシっと決まります。
とにかく、走りやすいです。

さて、ビーナスラインは有名ですが、中でも美ヶ原は最高です。
駐車場で、一枚。




他のバイクと並んで見るとやっぱりデカイですね。
カラーリングが単色で青なので、ちょっと地味???

いい調子で進んでて、ちょっと油断してしまった。
これから、悪夢が、、、。

帰りの途中で白樺林みたいないい感じのところがあって、急に止まって写真を撮ろうと思って脇に止まったら、、、、。
道が凹んでて、足をついた時には、バイクが傾いてバランスを崩して、ガッシャン〜。立ちゴケ〜。
納車二日目にして早くも〜。ショック!

その時は、恥ずかしくて、火事場の力持ちで、バイクを起こすのに必死〜。

後から見たら、ちっちゃなガードパーツが有効で、タンク等には傷が付かずにホッとした。
やっぱり油断大敵!

でも、重かった〜。

その後の一枚。




何はともあれ、その後は無事に家に着きました。

早く慣れてしまいたい。

2014年11月 5日 (水)

XT1200ZE 初ツーリング


納車後にそのまま諏訪湖あたりに出かけてみました。

最初は、やっぱり緊張~。
乗ってるって言うより、乗せられてるって感じ?

第一印象は、ドドドって感じが、400では味わったことがない感触で気持ちがいいです。

信号での停止は、バランスを崩さないか慎重になっていましたが、何度か繰り返していると、徐々に落ち着いてきた。

いろんな方がレビューしていますが、本当に走り出すと軽い!400Xとそんなに違わない。外見からは想像がつきません。ちょっとヒラヒラしてみましたが、よいしょっとって感じじゃ、全くありませんでした。

ここから高速。

う~ん、やっぱり安定している。
良いね~。
慣らし運転なので、まだまだわかりませんが、Tモードでも、ドドドってどこからでも加速する。
これだったら、低速でギアを二つぐらい間違っても、エンストしないと思います。

ちょっと気になった点。
ミラーがひし形になっていてカッコがいいのですが、四角でなくて無くなっている四隅、特に下部の外側の角が無くなっているので、車線変更時にちょうど死角になってしまっています。
これはちゃんと目視しろってことかな?

だいぶ慣れたところで、駒ケ岳に到着。
宿泊宿にバイクを止めて、、、、。





ここで、初めて、まじまじとバイクを見ました。
やっぱりカッコがいいですよね。
400Xに付けてたGIVIのトップケースをそのまま付けましたが、けっこうマッチしてた。



そこからバスとロープウェイで頂上に!
簡単に2500mまで行けるんで、便利なことです。

千畳敷カールは、夕日が当たってたら綺麗だと期待してたんですが、日陰になっていました。
でも、インパクトがあって、良かった。





明日は、ビーナスラインの紅葉を見て帰ります。

2014年11月 3日 (月)

XT1200ZE スーパーテネレ 納車

教習所に通う事、約2ヶ月。

土日のみしか行けなかったが、第一段階で苦労して、思ったより時間がかかってしまった。

53歳の大型自動二輪免許への道(卒検)

でも、ようやく卒業でき、免許も変更。
ついに、大型自動二輪免許を取得!!

それもこれも、このバイクに乗りたくて、乗りたくて。
もちろん、家族は猛反対ですが、乗りたいものは仕方が無い。

今まで、400Xに乗っていたんですが、やっぱり乗りたかった。
本当にもったいないのですが、400Xは下取りに。
早く、新しいオーナーに受け取ってもらえることを願ってます。

そう言いながら、新しいバイクの納車がうれしいのは、仕方が無いですよね。

その乗りたかったバイクが、これです。
納車前の整備中の時のもの。

Img_3204_10

そう、ヤマハのスーパーテネレ!

第一印象は、やっぱりデカい!
当たり前ですが、400Xと比べると、とにかくデカい!
ですが、実際にまたがってみると、400Xと比べてもそんなに大きくはないんです。もちろん、タンク周りは大きいのですが、ハンドルを握った状態では、外見より大きくなく、操作性もよさそう。
足付きも、シートをローにすると、両足のカカトがちょっと浮くぐらいで、問題にはならないと思われます。

エンジンも初めてかけましたが、いい音。
大きなバイクを買った〜って、実感。

早速、松本あたりに言ってこようと思いますので、走ってみた印象はそのときに。

とにかく、祝 納車。

そうそう、もちろん、安全運転で、、、。


53歳の大型自動二輪免許への道(卒検)

いよいよ、決戦の日。卒検。

時間は、11時半から。朝早くだと、体が動かないかもしれないので、ちょうど良い時間かも。

朝、バイク屋から電話があり、バイクが届いて整備も順調に進んでいるとのこと。
あとは、免許のみ!

途中の空き地で、軽く練習をして、いざ教習所へ。


お〜、同じ卒検で、自分より唯一年配の方も、おられる。お互い緊張していることもあり、話しかけないが、頑張りましょう〜。

さて、今日のコースが発表され、各チェックポイントのおさらい。とても、丁寧で親切だと感心します。
ついでに、一回練習で走らせてくれたらいいのに、、、。

自分は三番目。
一人目の人も、緊張していて、終わったらホッとしてた。
みんな同じですよね。


さーて、いよいよ自分の番!
やっぱり緊張〜。


あ〜、いきなり〜。
ミラーを合わせるの忘れた〜。
エンジンをかけてから、思い出して、それから調整〜。これも減点か?

それからは、落ち着いて走っているつもりでも、もうちょっと後のことも覚えていない。途中で、止められていないので、コースを間違えてはいない。

さ〜て、いよいよ課題項目。
行くぞ〜。

ととと、気合が入り過ぎたのか、最初のスラロームで、膨らんでしまった!その後リズムが戻らず、通過に時間がかかってしまった!

気をとりなおして、ギューんと加速して急制動〜。
そして、波状路をブンブンブンブンと10回アクセルを開いて、丁寧に通過。

いよいよ、卒検最後の課題の一本橋!
いや、教習生活最後の課題!

遠くを見て、ササッとと乗る。









あとは、覚えていない。





10秒もたなかったのは、ハッキリしている。
でも、落ちなかった。


ゴールに戻って、バイクを降りたら、教官が、冷たく。「詰所に戻って」と一言。

あ〜、落ちた?

ミラーも直すの遅れた。
直線で40キロ出てたか?
スラロームは、遅れた。
一本橋も早かった。
それ以外にも、あそこもあそこも、、、、。
うまくできていなかったにでは?と、一気に不安になってしまう。

補講はいつしようか?
卒検は来週?
もう、落ちた時の事を考えてしまう。


合否の発表は、別の会議室で、、、。

前の人は、全員合格。
うらやましい〜。

いよいよ、自分の番。
教官が持ってるメモ書きには、自分の番号のところだけ、何かのマークが多く書いてある。
きっと減点箇所だと思う。

教官が開口一番「緊張してましたね〜」
きっとミラーの事を言ってるのだろう。
やっぱり、減点か。

「スラロームと一本橋は、時間の規定をクリアできませんでしたが、その他はだいたい良かったですよ。」

えっ???

「合格です。おめでとうございます。」

えっ???

「もう乗るバイクって決まってるんですか?」


「ははは、はい」

「安全運転で!」

「ありがとうございます」




やった〜!!!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ