« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月27日 (日)

今年の登山のまとめ(10の登山など)

今年も、あと数日のみとなり、皆さんも同じですが、今年一年を振り返ってみたいと思います。

そこで、主な10回の登山(など)を思い出してみました。
なぜ、「など」かと言うと、すべてピークに登ったわけでもないので、「登山など」になっております。

年も年なので、ついつい紅葉を見にいきたいくなってしまって、、、、。


①屋久島(5月)
雪山に登る技術も体力もなく、5月に屋久島に行ってきました。
以前から行きたかったことと、「歩く」体力の足慣らしもありました。
平地とは言え、シーズン初めで10時間の歩きは、さすがに疲れました。

Mg_1705

天候は、想像どおり滞在した二日間とも小雨で、運良く(?)帰る日のみ晴れてきました。
②上高地(5月)
次は、テント泊の慣らし(?)で、上高地。
天気も良く、すがすがしい気持ちになりました。

Img_4579

翌日は、大正池、明神池をぐるっとまわってきて、早朝はガスがかかっていたのですが、晴れてきて虹も見れて、最高でした。


③尾瀬(6月)
う〜ん、登山素人には、まだ雪山は無理で、今回も平地で尾瀬。
天気は良かったのですが、ちょっと時期が遅く、水芭蕉は半分以上が終わっていました。

P1120211

途中で、写真を撮るのに夢中で、バックして足を踏み外して、すってんころりん、してしまいました。
運良く、捻挫もせず、ラッキーでした。


④立山(7月)
いよいよ、夏山シーズン到来!
早速、立山に行ってきました。

Img_4780

まだまだ、雪もありましたが、初心者の私でも問題ありません。テント泊ももう寒くはありませんでした。
雪のみくりが池も良かったです。


⑤2回目の立山(8月)
2ヶ月連続で、立山です。だいぶ雪も溶けてきて、緑の面積も多くなり、青い空とのコントラストが最高です。
個人的にはこの時期が一番好きです。
さらに、私の好きな大日、奥大日岳。テント場の雷鳥沢もちっちゃく見えます。

Mg_2209


⑥唐松岳(9月) 
この日は、天気が悪く、山荘に着いた時は視界3m程度で、さらに強風。さすがに、この日は、テント泊は断念して山荘に泊まろうと思ったのですが、山荘の方が、「いつもと比べれば風も穏やかだし(うっそ〜)、テント泊している人もいるよ〜」ってことで、テント泊に!

Img_2606

日頃の行いが良いのか、翌朝の山頂は天気が良く、朝日も見れて良かったです。
もちろん、帰りもガスガスガス、、、、。



⑦紅葉の立山。でも3度目。(9月)
いよいよ、短い紅葉シーズン。多分、9月下旬から10月上旬の2週間程度だと思います。今回は、2ヶ月前から計画して、仕事を入れないように工夫し、あとは天気が良いこと祈って、、、、。

P1130137

天気も最高!
景色も最高!




⑧紅葉の涸沢(10月) 
先週の立山に続いて、翌週の涸沢。
土日のみなので、初めての夜行バス。
天気も土曜の夕方から、バッチリ。(やっぱり、日頃の行い?)

P1130548
⑨今年4回目の立山(10月)
紅葉シーズンど真ん中の立山と涸沢に行ってきたのに、どうしても、また行きたくて、、、。というのも、雷鳥沢の温泉に入りたくて。良いんですよ、ここの温泉は。内風呂ですが、窓から紅葉の山がドーンと見れて。
ただ、今回は気合を入れすぎて、早くついて一番風呂。とにかく暑くて、水で冷ますのに30分かかりました。

Img_5314





⑩今年最後の安達太良山(10月)
もしかして、まだ紅葉が残っているかもって、ちょっと期待して行った安達太良山。紅葉はほとんど終わっていたのは別に良いのですが、とにかく風が強くてゴンドラも動かず。途中で雪も降ってきて、すっかり低山ってなめてしまっていて、寒かった〜。(勉強になりました)

頂上も、とにかく風が強く、ほとんど立って入れませんでした。
ですので、写真も撮る余裕もなく、、、、。

Img_5505



とにかく、一年、安全に行くことが出来ました。

こうやってみると、立山ばっかりに行っています。

どうして?

もちろん、綺麗なこともあるのですが、室堂まで電車などで行ける手軽さもあります。
まだまだ、室堂を中心として、コースがいろいろあるので、来年は五色ヶ原も行きたいと思っております。

ん?
近くに、もっと良い山がある?
剣??

無理無理〜!!

2015年12月26日 (土)

ツーリング 防寒対策(思わぬ伏兵、、、足元)

こんにちは、いよいよ冬型の気圧配置。
雪が多い地域の方は、気をつけてください。
私も、今日から雪国に帰省します。

さて、ウエアでの防寒対策は、いままでベース、ミッドレイヤーの変更でなんとか着ぶくれせずに頑張っております。(皆さんから見ると、きっと寒がりだと思いますが、、、)

ところが、ここに来て、思わぬ伏兵が現れてきました。

実は、いままでブーツはモンベルの登山用をツーリングにも流用していました。



と言うのも、以前にも書きましたが、バイク用ウエアは、どうしても上から下まで「黒一色」になってしまうのが嫌なんです。黒以外で、防水機能があるゴアテックスとなると、やはり登山用となるんです。

M_k_1129303_aule




ところが、バイク用ではないこともあり、ギアチェンジのせいか、ギアレバーが当たるところは大丈夫なのですが、左のつま先のラバーが剥がれてきました。
ツーリングと違って登山時に靴が壊れると、それこそ「死活問題」となります。登山用の靴を買い換えようかとも思いましたが、履きなれていたので、ツーリング用ブーツを買うことにしました。(もちろん、黒でないやつ)

ところが、これが寒いんです!

いままでは、足のつま先が寒いと感じることがなかったんですが、今回は防水、防風ですが、生地が薄いのか、足の指が冷たくなってきます。


やっと、首から足まで、そしてグリップヒーターで手までは防寒対策できていたのに、、、、ちょっと、ショック。

そこで、ラフ&ロードにウインドストッパーのソックスを購入してみました。

41xxmlvvztl




これ自体には、保温機能は無いのですが、防風機能があるので、登山用のウールソックスの上に履いてみました。本体は薄い生地なので、問題なく重ね履きが出来ました。

効果は、バッチリです。

「ぽっかぽか」、までは行きませんが、寒い、冷たいと感じることはありませんでした。

ちょっと、ホッとしました。

2015年12月24日 (木)

九十九里浜ツーリングとウエア(防寒対策:本格的な冬版)

先週に、九十九里浜に行ってきました。

前回、今月上旬に山中湖に行って来た時は、まだ初冬でしたが、今回は遅まきながら、いよいよ本格的な冬版です。

ツーリングのウエア(防寒対策:初冬版)

土曜ですが、思ったより人がいなかったです。
ただ、いろんな人がいました。
サーファー、カメラマン、犬を散歩させている人、ぼーっと海を見ている人、そして駐車場で社交ダンスの練習をしているペア。

穏やかな風が吹いていて、気持ちが良かったです。

Img_5944


帰りにはいつも寄っていく金谷の日帰り温泉。
今日は、空気が霞んでいて富士山は見えませんでした。

Img_5947

去年、日の出を見に行った時とは違い、今回は日中なので、厳冬とは全然違いますが、前回より5度ほど低くなってきていて、日中でも10度は超えず、最低では5度以下でした。

さて、ウエアですが前回と同じで
①アウター:クシタニのクラリティジャケット
②ミッド1:モンベルのライトダウン
Img_5963

また、ベースも同じでモンベルのスーパーメリノウール。
前回は、これにミッドレイヤーとしてクシタニのウインドストッパーだったのですが、さすがに保温機能がないので、ちょっと寒かったです。
そこで、今回はラフアンドロードのウンドガードです。
これは、防風機能に厚手の生地で保温機能も併せ持っています。
本来は、アンダーウエアだと思うのですが、私はミッドレイヤーとして使っています。
Img_5964

そしてパンツも、今回はアンダーはモンベルのスーパーメリノウールではちょっと寒くて、同じくウインドガードに途中のサービスエリアのトイレで着替えました。
Img_5962

私の持っているベース、ミッドレイヤーでは、これ以上薄さをキープしての防寒性能を出せません。
ですので、ここからは、残念ながら厚着になってしまって、ちょっと動きにくくなってしまいます。

仕方がないです。

ただ、今年は、思いもよらぬ伏兵が現れて、ちょっと困ってしまっています。
これについては、改めて、、、。

では、寒さに負けずに頑張りましょう!

2015年12月10日 (木)

京都の新しい土産

今回は、ちょっと変わって、お土産の話をひとつ。

ま〜、たいした話でもないですし、もうご存知の方もおられると思いますので、サックっと。

仕事で、よく京都に行くのですが、いつもは決まってこれを買って帰ります。

Img_5909


生八つ橋で、あんこ無しの「皮」だけ。
え〜、あんこがないの〜って、思われるかもしれませんが、結構おいしんですよ。それに、(きっと)ローカロリー!

ところが、今日何気なくレジのカウンターケースになにやら懐かしい文字が、、、。

「わらびもち」

ん〜、子供のころに、おばあちゃんに作ってもらった記憶が、、、、。
それで、ついつい購入〜。

Img_5907

ま〜、味については、特別に美味しいものでもなく、普通のわらびもちの味だと思っておりました。

中を見ても、特に見た目はふつう?
草わらびもちとのことで、持ちも緑色。

フォークを刺してみる。(なぜか和菓子なのに、箸ではなくフォーク?)
ちょっと柔らかいかな??

Img_5908

で、ひとつ口に入れると、、、、、、、、。



げげげ、、、、、。



うううううう、、、、、、。



うまい!

もちが絶妙に柔らかく、口の中でとろけるよう。(ちょっと言い過ぎ?)
でも、本当にうまい。
昔、初めて赤福を食べた時と衝撃が同じかも。(ちょっと程度が低い?)

で、ちょっとネットを調べてみると、ちょっと有名みたい。

洛匠の草わらびもち

京都駅の新幹線改札を入ったお土産屋さんに売っているので、もし興味があったら、ぜひ。

期待を裏切らないと思います。

(あくまでも個人の感想です)


2015年12月 6日 (日)

ツーリングのウエア(防寒対策:初冬版)

先日は、日中の気温が15度以上で、夕方でも10度以下にならない時に来た服装を紹介しました。


あったかかった今年ですが、いよいよ冬本番になってきました。
昨日、山中湖〜富士山南部に行ってきましたが、気温が10〜15度で最低が8度程度で、前回よりちょっと気温が低くなっています。

Img_5802

Img_5819

Img_5844
 
ウエアですが、個人的には、寒がりなんですが、厚手で動きにくくなるのも嫌で、できる限りベースインナーでなんとか対応できないかと思っております。

Img_5872

①アウターレイヤー
クシタニのクラリティジャケットです。中綿がないのですが、防風機能があり若干生地も厚みなので、愛用しております。(前回も書きましたが、黒色には少し抵抗があって、、、、)

②ミドルレイヤー1
モンベルの軽量ジャケット。薄くてダウンの量も多くは無いのですが、着膨れしなくてあったかいです。

③ミドルレイヤー2
クシタニのウインドストッパーのインナーシャツ。薄めで保温機能は少ないと思いますが、やはり防風機能を一枚追加であったかくなります。

④アンダーレイヤー
モンベルのスーパーメリノウールの厚手。これは、地肌に着るととても暖かいんです。登山用品は、発汗と保温を両立することを重視しておりますが、バイクは登山と違って発汗を多くしないので、登山ではテントで寝る時に使っている、とにかく保温機能重視です。

下半身ですが、
Img_5876

①ベースインナー
モンベルのスーパーメリノウール。やっぱり暖かい。

②アウター 
クシタニのカントリージーンズ。皮なので、Eライドパンツより防風機能があります。

前回より、気温が5度下がった分、ベースウエア、アウターウエア、アウターパンツを防寒機能アップしました。
これでも、富士山の南側の県道で横断している時の気温8度の時は、寒くはないのですが若干胸に冷気が当たっている感じがしました。(皆さんから見ると、結構厚着かも、、、、)

実は、この日は、低地の気温もあまり下がらず、お土産やさんに入ったら、アウタージャケットを脱いでも汗ばみました。

これからは、冬のど真ん中に突入なので、どこまで薄めのインナーで対応できるか、、、、。


スーパーテネレ 無い物、付けたい物⑩-4 GIVI フルケースで走ってみました

遅くなりましたが、やっとフルケースで走ってみました。

トップケースは、以前から付けていたTRK52Nで、パニア(サイド)ケースはOBK37です。

心配だったのが、

①デザインの組み合わせが良いか?
ちょっとデザインが違う組み合わせですが、海外のネットに購入前に見ることができて、個人的には違和感はありませんでした。ただ、やっぱり実物を見てみないと、、、。
②パニアケースの蓋が縦開きできるか?
右側のパニアケースがトップケースと位置が重なるので、他のケースでは開けれない組み合わせがあるので、この組み合わせでも開けれるか?今回は、開けれないことも考えてパニアケースが取り外せて横にスライドしても開けれる仕様なんです。でも、できればそのまま縦開きできれば、、、、。

で、やっとフルケースを装着してツーリングに行けました。

個人的に好きな富士山の南側の横断県道。途中の駐車場で。

20151206_134358

20151206_134745

20151206_134624

20151206_134712

20151206_134814


どうです?
結構、良いでしょ?
この組み合わせでも、違和感が無いですよね。

あと、右のサイドケースの蓋ですが、
やはりちょっとトップケースとぶつかってしまいました。

Img_5846

ただし、蓋が多少は横にも歪むので、ほとんど問題なくそのまま縦開きできました。

Img_5847
Img_5850
Img_5852

左側は、マフラーがあるので、外側に出ていてスペースがありますので、問題なく縦開きできました。

Img_5853
Img_5854

今回、高速道路を走りましたが、特に風圧等で運転しにくいこともありませんでした。

ちょっと高いのですが、個人的には満足です。

まだ、荷物を満載にすることは無いですが、春からの登山+テント泊には活躍すると思います。

立ちゴケが怖いですが、、、、。
絶対に、一人では起こせないと思います。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ