« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年のツーリング記録 2016年

今年も、いよいよ数時間のみになりました。

思い起こせば、新年早々エンジンかからない病が発症し、年末の再発に終わったことになります。それでも
途中で発症することもなく、仕事が忙しかったことと、休日の天気が悪かったことなどもありましたが、距離として、だいたい1万キロぐらい走ったと思います。

20161231_173154


ログを記録し忘れたこともありましたが、こうして見ると、いろんなところに行ったと思います。(北海道は、飛行機&車でした。)

その中でも、熊本(阿蘇)のツーリングが良かったです。
晴れ男の本領発揮で全行程で快晴で、気持ちが良かったです。
Img_8144

今は草千里まで通行可能になったこともあり、必ず来年も行こうと思います。

あとは、GPSログを見て見ると、中部と新潟エリアが抜けているようなので、来年は是非行きたいと思います。(できれば、紀伊半島も行って見たいです)

来年早々に、一時戻ってきたスーパーテネレですが、本格的に原因追求と修理に入る予定です。復帰時期がまだ不明ですが、きっちりと直って戻ってくることを期待しています。

とにかく、安全運転で!

2016年12月30日 (金)

スーパーテネレ 今度は年末にダウン

私のスーパーテネレは、故障に始まり故障に終わった感じです。

今年の初めにエンジンがかからなくなりました。

スーパーテネレ 新年早々ダウン

前回は、故障の原因がある程度確定したのですが、根本的な解決はできずじまいで、結局再発時の対処療法を教えていただきました。


その後、再発することもありませんでした。
ただ、冬の時期は、もともとエンジンがかかりにくこともあり、バッテリーも心配なので、週に1回はエンジンだけはかけていました。

それなのに、、、、。

やっぱり朝、エンジンがかかりません。
朝なので、寝ぼけているかと思い、キルスイッチ?ニュートラル?サイドスタンド?などと一つひとつ確認しましたが、かかりません。
バッテリーも心配なので、慎重に前回教わった対処方法を実施しましたがかかりません。
そのうち、バッテリーが弱くなってきます。

で、結局、販売店に輸送となりました。

Img_9489

ググってみると、結構テネレでエンジンがかからない病が発症しているみたいです。

今回もいろいろお手数をおかけした販売店のスタッフの方には感謝です。

2016年12月20日 (火)

スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー ③-2(アップデート)

先日、時計だけで完結する機能を紹介して、まだ表示機能が少ないといいました。


スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー ③(単体での機能、ガーミン フェニックス3J HR比較できません)

今後、アップデートを重ねて機能が追加されるとのことでしたが、12月19日にアップデートが行われました。
スポーツモードをいくつかカスタマイズできて表示のパターンも増やすことができるようです。

20161220_201431

今回は、前回から単体での表示機能が変わったところを紹介します。

20161220_01840

なぜかバージョンは1.5を飛び越して、いきなり1.6.10。
バージョンアップは数分で終了です。

そこで、追加になったのは、

①標高のグラフ表示
Img_9478

スクリーンをタッチすると、、、、

②気圧のグラフ表示
Img_9480

もしかしたら、まだあるのかもしれませんが、気がついた点は以上です。

しかし、これでとりあえず登山に持参できるところまで来ました。
また、今回は紹介しませんが、Movescount.comでのカスタマイズも、結構自由度があり、使い勝手が良いように感じました。

価格は高いので悩みどころですが、そろそろ購入しても良いところまで来たような感じがしました。

しかし、タッチパネルはいいですよ。





2016年12月18日 (日)

スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー ④(マニュアルも発展途上?)

Suunto spartan ultra を購入して、とりあえずウオーキングでGPSを試してみましたが、いきなり壁にぶつかりました。

とりあえず、メニューで「エクササイズ」→「ウオーキング」→「スタート」画面へ。

Img_9476

GPSを捕捉しているのか不安でしたが、マニュアルには「開始アイコンが緑色になったら、アイコンをタップまたは中ボタンを押して、記録をスタートさせます」と記載されていますし、画面上部に三角マークもでているので、OKかと思いました。

ところが、、、、、

時間が経過しても、距離がでません。
マップにも現在地を示すアイコンが出ません。

どうも、GPSが動いていないようです。

なんど、マニュアルを見ても、GPSの動作状況の確認方法が出ていなく、SUUNTOのHPをみても、誰かが同様の質問をしているのですが、それに対する回答もありません。

で、いろいろと触っていると、わかりました!

Img_9473

上部の三角のマークですが、「白わく」から「白塗り」に変わっています。これにより、GPSの準備OKのようです。
いくらアップデートの最中とは言え、基本的な使い方はマニュアルに記載して欲しいです。

また、いつになったらGPSを捕捉終わるかがわかりません。できれば、GARMINのように、GPSが捕捉準備をしている時にバーの長さがわかるように、状況がわかると嬉しいです。

アップデートで使いやすくなることを、期待します。








2016年12月16日 (金)

スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー ③(単体での機能、ガーミン フェニックス3J HR比較できません)

今まで、スタイルをGarmin fenixと比較して、suunto spartanの方が、ライフログを取るには個人的には良さそうだと思っています。

今回は、ちょこっと触って見ましたので、時計単体のみで確認できる機能を見ました。

Img_9445
時計です。

Img_9446
歩数です。同じデザインでカロリーもあります。

Img_9447
1週間の状況です。

Img_9448
いくつかのトレーニングの時間距離です。

Img_9450
リカバリー時間です。

、、、、、、、。

、、、、、、、。

ん?

これで、終わりです。

え〜。
これだけ?

日々の生活なのでこれで十分と言えばそうですが、高度とか気圧とか、グラフは?これじゃ登山に行けないよ?

実は、今後アップグレードして機能が追加になる予定みたいです。

Img_9461

現時点では、ガーミンと比較する以前の問題ですね。

これで、この値段と言われると、さすがに購入にはまだ早いのかもしれません。

ただし、スパルタンの名誉の為に言いますと、タッチパネルは良いです。
ときどき、反応が悪いこともありますが、許容範囲だと思います。
これで、、いちいちボタンを押す必要も無く、操作が楽になります。
ただ、液晶が指紋だらけになりますがね。

2016年12月15日 (木)

スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー ②(スーツに合うか、ガーミン フェニックス3J HR比較)

Suunto spartan ultraを購入して数日使ってみました。


前回は、外観をGarmin fenixと比較してみましたが、今回はスーツ姿に違和感ないかを比較してみました。

先にお断りしますが、あくまでも個人の好みによる意見となりますので、人によっては異なる意見もあると思います。

スパルタンを購入した理由の一つに、ライフログを取りたい。そのためには、もちろん平日の仕事中にも使うことになるのですが、スーツに合うかが重要になってきます。フェニックスもカッコ良いのですが、どうもいかつい感じがして、スーツ姿では時計が目立ってしまう感じがします。特に電車でつり革につかまっていると、、、。

それで袖口だけですが、比較してみました。

Img_9438

Img_9439

どうでしょうか?
今度は横から。

Img_9443

Img_9444

ベルトが金属だったら、またイメージが違うと思います。ガーミンにはビジネスでも違和感がない金属製ベルトも用意されています。ただ、それではアウトドア時では変ですし、毎回付け替えるのも面倒です。

ラバーベルトであれば、スパルタンのほうが、少しだけ違和感がないかな??

先にも言いましたが、あくまでも好みの問題ですので、それぞれの判断の参考にしてもらえばありがたいです。

スント スパルタン ウルトラ 簡単レビュー(外観、ガーミン フェニックス3J HR比較も少ししてみました)

Suunto spartan ultraを購入しました。

もともと、登山やランニングでGarmin fenix 3J HRを使っていました。デザインもかっこ良く気に入っていました。ただ、ライフログを取りたいのですが、いかつい形でどうもスーツ姿には時計が目立ってしまって、、、、。

あと、多機能の為もあり、ボタンが5つで操作も複雑で、、、。

そんな中、シンプルなデザインでカラータッチスクリーンのスパルタンが発売。ただ、日本でのレビューがほとんどなく、海外のYouTubeを見てもメニュー画面の紹介では機能も少ない感じ。また、手首での心拍数測定機能がない。

クリスマスにリストHRがスパルタン スポーツで発売されるとのことだったので、それ待ちでしたが、来年に発売が延期されるとの発表があったので、ボーナスが出たこともあり、ついついオールブラックを購入してしまいました。

そこで、フェニックスと比較しながら簡単なレビューをしていきたいと思います。

今回は、外観編。

Photo

箱の大きさは、ほとんど同じ。スントのほうがシンプル。

Photo_2

箱と同じで、本体の大きさはほとんど同じですが、デザインはスントがシンプル。文字盤の大きさもほとんど同じですが、液晶表示部はスントのほうが大きく見やすい感じがします。フェイスデザインは、ガーミンは純正以外でも多く用意されていて写っているのも初回に用意されていたものではありません。スントは数パターンしかなく、純正のデザインです。液晶は両方とも自社のHPやAppleWacthを想像しているとショックを受けるほど綺麗ではありません。カラーと言っても、あくまでも「見える」程度です。解像度はスントが良いようで、時計の針を見てみると少しだけスントが綺麗に映っています。

Photo_3

バックライトが消えた状態です。デザインの違いがあるのですが、若干スントのほうが見やすいような気がします。

Photo_4

操作を止めると数秒で秒針が消えますが、スントはさらにデザインも変わってしまいました。節電のためでしょうが、やはり一番多く見るので、ここは気に入ったデザインが継続して映っていて欲しいです。(もしかしたら、設定で変更できるのかもしれません)

Photo_5

横から見た感じです。厚さは寸法はあまり変わらないようですが、スントが丸っこく厚みを感じます。手に装着してもやはりスントがボテって感じです。また、バンドの装着部位が大きく異なり、この部分がガーミンは小さいがイカツイ感じで、スントがちょっと大きいがスマートに見えるように影響しているのかもしれません。

Photo_6

充電パーツです。ガーミンは挟み込む方式ですが、スントはマグネットでくっつけるようになっています。ただ、マグネットが強力で出張などで持ち運ぶ時にUSBメモリ等
に接近してデータに影響しないかちょっと心配です。

Photo_7

マニュアルが大きく違っています。ガーミンは368ページ!(小さくで見にくいですが、、、)スントは数ページのクイックガイドのみ。HPに説明書が載っていますが、それでも概要程度。
実は、海外のレビューにもありますが、現時点ではほとんどの機能がまだ無く年末から来年にかけてアップデートを繰り返して機能が追加されていくようです。

今回は、外観と液晶のみのレビューとなりましたが、今後機能についても(簡単な)レビューをしていきたいと思います。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ