« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

東京モーターサイクルショーに行ってきましたが、、、、

今日、3月26日に東京モーターサイクルショーに行ってきました。

天気が雨だったので、人も少ないかと思いましたが、とてもいっぱいでした。

Img_9935

気になるバイクもあり、何台も跨ってきました。

ただ、今年はちょっと不完全燃焼、、、。

①プレストが出店していない。そのため、スーパーテネレを見ることができなかった。
もちろん、自分のテネレと大きな変更がないのですが、カラーリングが違うこともあり、やはり展示されていないことはさびいしいです。

もちろん、ヤマハのブースにはありませんでした。
Img_9934




大人の事情もあると思いますが、プレストが出店しないなら、隅っこでもいいのでヤマハで展示してくれないでしょうか?




追記です
実は、YSPブースにスーパーテネレが展示されていたようです。
見逃した〜。


各メーカーは、アドベンチャークラスも揃えているし、MTシリーズはやはり違っていて、ここはスーパーテネレしかないと思います。(日本でも発売してもしいですが、、、)

②スクランブラーが出店していなかった


アドベンチャーといえば、ヤマハ、BMW以外では、やはりスクランブラーでしょ?(ドカティも、SUZUKIもありますが、、、)


やはり、ちょっと寂しかったです。

③アフリカツインに跨がれなかった。装備品搭載の展示がありましたが、実際に跨がれる展示バイクがHONDAブースになかった。

Img_9922




バイク屋で一度跨ったことがあるのですが、やっぱり触ってみたかった。
それが、モーターショーに行く楽しみでもあるので。

④クシタニに2017年のカタログが無くなっていた。
Img_9926




クシタニブースで、今年の春〜秋モデルを見れたの良かったですが、カタログが無くなっていた。ショップに行けばいいのですが、、、、。


でも、レーシングスーツが良かったです。

最後に、羨ましいことが!!











なんと、TAMIYAからアフリカツインのプラモデルが!!!!


羨ましい!!

Img_9921









TAMIYAさん、是非、スーパーテネレもお願いします。





ま〜、アフリカツインはバカ売れしているからね〜。












ZUMO590 リルート問題への対応策

3月20日に富士五湖を回ってきました。


富士山をぐるりと回って、富士五湖に行ってきました

その際に、先の使用でZUMOのルート作成で、ちょっとうまくいかないことがあったので、対応策を試してみました。

ZUMOの一番の特徴は、グーグルマップで簡単にルート作成して、それをZUMOに読み込むことができることです。(他の人にも共有できることもあるのですが、私は基本的にはソロなので、この点は関係ないです。)

ただ、ここで問題点があります。

グーグルマップのマイマップでルートを作成します。これは、ルートをドラッグして、本当に簡単に作成できます。
20170326_175300

出発地点と到着地点のみで、簡単にルートは作れます。
上の写真は、自分の行きたいところにマーカーを置いて、そこを通るようにルートの青い線をドラッグして、最終のルートに完成しました。

これを、ガーミンの無料ソフトのGarmin BaseCampで取り込みます。
20170326_174651

これで、コンピュータに接続したZUMO590本体に軌跡(トラック)として取り込まれますので、ZUMO本体のツールでルートに変換します。

ただ、この時にマーカーも取り込まれていますが、ルートには反映されていなく、あくまでも出発点と到着点の2ポイントのみになります。

1417878

このままでも、ナビとして使えるのですが、一度設定ルートを外れると、ナビが到着点へ(たとえば最短距離や最短時間のルートへ)リルートしてしまい、自分が通りたかったルートがなくなってしまいます。
これは、ZUMO660から590へ引き継がれていました。

この対応としては、二つあるようです。

①リルートしないで、自力でルートに復帰する。
一度外れたルートを自力で最初の設定したルート上に復帰する。その後、改めて最初に設定したルートにてナビを開始する。そうすると開始点か到着点のどっちに向かうか?を聞いてくるので、到着点を選択すると、ナビは何事もなく、最初に設定したルートでナビを開始するようです。 
ただし、時々、ルートから外れていないのに勝手にリルートすることも発生しました。もしかしたら、ちょっと数メートル程度ルートから外れたのかもしれません。

②ZUMO本体で、
立ち寄り地を設定する 
グーグルマップで設定したマーカーは、ZUMO本体には「お気に入り」に登録されます。そこで、お気に入りを経由地に設定します。ちょっと手間がかかりますが、10個程度であれば、数分でできます。
これにより、もしリルートしても、経由地をつないでルートができるので、最初の設定ルートとほとんど変わることがありません。多少、路地など細かい点で変わることがありますが、これはグーグルとZUMOと計算するアプリがことなるので仕方がないです。
そうすると、ちゃんと立ち寄り地も登録されます。
1418411

28641

出先でバタバタしたくないので、②が精神安定上良いかと思っています。

現時点で個人的に試してみた限りで、まだ他の方法もあるかもしれません。

ちょっと一手間かかりますが、それでもとても有用だと思います。
もう少し、使ってみて、何か気がついた点があれば、また書きます。




富士山をぐるりと回って、富士五湖に行ってきました

冬の時期は、積雪が怖くてどうしても、房総と三浦、伊豆半島をローテンションで行くことになり、さすがに飽きて来ました。


で、毎年3月中旬には、富士山の一周となります。
今年も、ZUMO590の動作確認と併せて富士五湖に行って来ました。

右回りですので、東名に向かいます。
20170325_01057

いつも迷う右コースと左コース。
ナビは、どのメーカーでも右を選択するようです。
ただし、今回は「渋滞」との表示がでており、迷わず左ルートへ!
20170325_00751

ただし、ほとんどの車が左コースなので、途中、渋滞していました。
右コースは、数台がスイスイ走っていて、なんとなく騙されたような、、、、。

さて、最初は個人的には好きな富士山の南を走る県道23と152号線。
特に5月は緑が綺麗で、とても気持ちが良いです。
今年は、まだ雪が多くてびっくりです。

20170325_01331

途中の水ヶ塚駐車場も、雪!
昨年は、まったく雪がなかったような、、、。

★南側からみた富士山
Img_9800

★南西側から見た富士山
白糸の滝の駐車場からです。岩肌が筋になって出ていて、ちょっとかっこいいです。
Img_9823

①本栖湖(北西側)と富士山
いよいよ、富士五湖です。
Photo

②精進湖(北西側)からみた富士山
20170325_234740

③西湖(北側)から見た富士山
Photo_2

ちょっと霞んで来て、分かりにくくなってきました。

④河口湖(北側)から見た富士山
Photo_3

⑤山中湖(東側)から見た富士山
Photo_4

さすがに午後になって陽も傾いてくると、綺麗に見えなくなって来ました。

今回は、東西南北から富士山を見たのですが、やはり方角によって富士山の「顔」も変わりますね。次回はもっと早い時間だと、もう少し綺麗に見えるかもしれません。

このまま帰ろうかと思いましたが、中央高速が事故渋滞のようで、東名も渋滞しているので、いつもの相模湖近くの日帰り温泉に寄って、今日はゆっくり帰ります。

で、ゆっくりしすぎて、帰りは暗くなってしまいました。
Photo_5

ナビのZUMOは、走行ログを取れるので、帰って来てからも通った道が見れるので、ちょっと楽しいです。
ところどころ、経由地を設定しております。
この辺は、次回改めて書きたいと思います。
20170326_03309



2017年3月22日 (水)

ZUMO 590 ちょっと使ってみました

先日、外観をZUMO660と比較しましたが、今回、ちょっとツーリングに使ってみました。

その前に、やっぱり鍵付きのホルダーが欲しい。
ただ、ZUMO660の時に使っていたツラーテックの鍵付きホルダーですが、日本で正式にガーミンZUMO590が発売されていないこともあり、もちろんツラーテックジャパンでも発売していません。
日本に無いなら、やっぱり「eBay」しかないです。
で、ポチッと、、、、、。
Img_9711
今回は、送料無料だったので、ちょっと届くのが遅くて10日間ほどかかりました。

Img_9712
Img_9714

実際に付けたところです。
ナビ、メーターパネル、レーダーと縦に3つならんでおります。
ちょうど目線よりやや下で、とても見やすい位置になっています。
Img_9763

さて、今回もグーグルマップを使ってルートを作成して、GPXに変換してナビに取り込んで使ってみました。

①画面が大きく、文字も大きいので、運転中でも見やすいです。また、画面のボタンも大きく、さらに液晶のタッチセンサーが敏感で、操作もキビキビしている。

②日差しの当たり方により、どうしても画面が見にくいです。ただし、角度を調整して画面と目線が垂直になるようにすると、結構見えます。もっと光量が強いと見やすくなるのでは無いかと思いました。
③トンネルに入ると、光量が自動的にダウンして、ほとんど見えない。この点は、設定で自動的に光量が落ちない設定ができればうれしい。
④スピーカーが付いていないので、ワイヤレスのスピーカーかインコムが必要です。SENA 20で問題なく接続できます。

⑤高速の分岐などでイラストの表示があるのですが、消えるタイミングがちょっと早い。ですので、二つ続く分岐の場合は、一つ目がすぎる前に二つ目がでることがあり、一つ目の案内と勘違いして焦ることがあった。これは慣れれば問題ないかな?

⑥実は、一番の問題なところがあります。
分岐などの案内で、イラストなどが出る時があるのですが、左上に出る曲がるのが右か?左か?の表示と逆の場合が何度かありました。

304618

たとえば、一ノ橋JCTで本来なら直進で渋谷新宿方面に向かうのですが、左の地図の白い矢印や右のイラストと上部のテキストはそのように表示されているのですが、左上の表示マークは左に曲がれと出ます。
同じ事象が高井戸から新宿に向かって西新宿のC2への分岐でも発生しています。
全く知らない道では混乱するので、確認して修正してほしいです。
今回は、少し走って見て感じた点を記載しました。

実は、他の方も書かれていますが、グーグルで作ったルートですが、一度ルートから外れると、リルートして最初に設定したルートが変更してしまうことが、ZUMO660と同様に発生します。

この点は、次回、ふれてみたいと思います。

2017年3月12日 (日)

買ってしまった ZUMO590 日本語版

先日から、借用していたZUMO660を使っていました。



グーグルマップとの連携など、面白い使い方もできます。

ただ、やはりスマホと比較すると、どうしても地図が荒いのと、レスポンスが悪いです。海外では後継者のZUMO590が数年前から出ていて、レスポンスも良さそうなのに、日本では出そうもないみたいです。

と、思っていらたネットに何やら出ています。

ハーレー?
SPYDER?




と言うことで、ついつい買ってしまいました。
ガーミン ZUMO590 日本語版!

Img_9716

Img_9717

ちゃんと日本地図だし、表示もマニュアルも日本語でした。
(あたりまえか。。。。)

そこで、ちょっとだけ外観だけですが、ZUMO660と比較してみました。
20170311_16_29_46

20170311_16_30_10

少し大きく、厚みもあります。
ただ、やはり液晶画面が5インチと大きくなりました。液晶が暗い状態だとわかりにくいですが、表示すると違いがよくわかります。

20170311_16_27_23

地図表示もきれいになっているように思います。

20170311_16_29_19

そこで、外観や表示で良いところや気になったところをまとめてみました。

★良いところ
①画面が大きく、文字も大きい
バイクだとナビまでの距離もあり多少振動でぶれることもあり、文字が小さいと見にくいのですが、表示部分が大きくなり、文字やアイコンも大きく、見やすく操作しやすくなりました。冬用のグローブでも押し間違いが少なくなりそうです。

②レスポンスが早い
今まではナビ画面と地図画面が別(表示エリアを変更するときは別画面に切り替わる)で、表示に時間がかかっいましたが、590はむちゃくちゃスムーズです。ドラッグもでき、操作感はスマホに近くなりました。ただし、二本の指での拡大縮小はできません。

③地図がきれいになりました。
道路の標示など、道路の線がきれいになり、見やすくなりました。基本的な案内方法は同じですが、認識しやすくなったと思います。

★気になった点
①とにかく高価!
税込みでほとんど10万円。スマホでグーグルマップだったら、ほぼ無料なのに、ここまでして購入する必要があるのか、確かに疑問。海外では地図のアップデートは生涯無料となっているようですが、日本は有料のようです。(これは今後に期待します)ただ、私はいままでスマホのバッテリーや液晶を何度も修理しているので、今回は思い切りました!

②高速の案内がおかしいまま。
660でもそうでしたが、高速のジャンクションを「出入り口」と案内している。日本語だと「分岐」だと思います。ですので、表示も道なりじゃない場合は「出口」となっています。これは、慣れれば問題ないと思いますが、やっぱり日本語として変です。
380478

③交差点や分岐のイラストが荒い
イラストは660の物をそのまま使っていて、液晶の解像度が違うので、さらに荒く見にくくなっている。せっかく液晶性能があがったので、イラストも新たにしてほしいです。
403072

まだ、ちょっと触ってみただけですが、特に感じた点を記載してみました。

価格を考えるとどうかと思いますが、性能は格段にあがって使いやすくなっていると思います。

ガーミン日本(いいよねっと)さんが本格的に発売しないのは、「大人の事情」があるのだと思いますが、日本のユーザーファーストで考えていただければ、ありがたいです。




2017年3月 9日 (木)

ZUMO660で、ちょこっとツーリング

友人から借りたZUMO660でツーリングに行ってきました。

ツラーテックの鍵付きホルダーでマウントしています。これで、盗難を心配してインターのサービスエリアでいちいち外す必要がなくなり便利です。

Img_9725


目的地は、房総半島の州崎灯台。
今までだったら、目的地をナビで選択して最短時間(または距離)でルートが決まって、そのまま出発でした。

今回は、前日にグーグルマップで、どの道を通って行くかを地図を見ながら、細かく設定です。グーグルマップは、ドラッグするだけでルートを簡単に描けるのが便利ですよね。国道ではなくて湾岸沿いを走ろうと思います。これと同じことをナビで設定するには1時間ほどかかると思います。

Photo

航空写真で、海辺の道もバイクが通れそうなので、設定しました。

2

これをGPXファイルに変換して簡単にZUMO660に入れることができます。結構、楽しいですよ。
実は、この海水浴場の道ですが、海の砂が結構道に積もっていて、ちょっと怖かったです。あまりにも、海に寄りすぎていました。

Img_9685

ちなみに、州崎灯台。
Img_9680

帰りは、金谷〜久里浜のフェリーにしました。
思った以上にバイクが多かったです。
フェリーに乗るのは昨年の熊本以来で、ちょっと緊張。

Img_9692

Img_9699

ZUMO660は、走行ログも自動的に取りますので、帰った後に別の楽しみがあります。

ちなみに、行きは右側の高速+国道。帰りは左側の海岸沿いの県道や路地。

20170309_222201

今までだったら、目的地の往復か、立ち寄り地点が数カ所ぐらいで、有名な道路以外は、何も考えずに国道でたんなる移動に終わっていました。

途中、どの道を通って行こうか考える、新しい楽しみがあると思います。




2017年3月 8日 (水)

今更ながらガーミン zumo660 ( HONDA Gathers M )

いままで、バイクナビについて、あれやこれや考えていました。


最終的には、防水スマホをつかって、満足していました。
ところが、ついにXperiaも、、、、充電できなくなりました。

きっと、電源接続部の接触不良だと思っていたんですがUSBコードをつかっても、ダメです。自宅に帰って電源コンセントに接続しても、まったく充電できません。iPhoneの時は、バッテリーが膨張して液晶が浮いてきたんですが、Xperiaは構造が頑丈にできているのか、バッテリーが膨張して本体が膨らんでいるようにも見えないんですが。

やはり、スマホはダメなんでしょうか?
過去、iPhoneで熱暴走、過充電からかバッテリー膨張により充電できなくなったのが3度、落下により液晶修理が2度。

それで、ユピテルのバイク専用ナビにしたんですが、液晶が汚い、小さい、レスポンスが悪くモタモタ。結局、オークション行きになってしまいました。

そこで、どうしょうか考えていると、友人があまっている HONDA Gathers M (ガーミン zumo660)を貸してくれました。

ガーミンは登山用のGPS時計をつかっていますが、バイクナビがあるなんて全く知りませんでした。

Img_9715

ネットでは、酷評されているようですが、たしかに反応も遅いし、地図もスマホに比べると荒いようです。案内も弱いみたいです。

ただ、ちょっと使ってみましたが、いいところが2つ。

目的地に行くだけのナビであれば、あえてzumoを選択する必要が、全くありません。ですが、目的地に行くまでの途中の経路も重要視するなら、これを選ぶ理由になります。よくツーリングしていると主要道路を走っていて、もっと海に近づきたいけど、道がわからないし、適応に路地にはいっていけるか心配で、結局そのまま通過してしまうってことがありますよね?
ツーリングの前日にグーグルマップの航空写真を見ながら、「この浜辺の堤防の路地を通って行こう」とコースって簡単に作れますよね?グーグルマップで作ったコースって簡単にzumoに入れることができるんです。

Img_9687_2

それで、国道を外れた湾岸に沿って、ずーっと海を見ながら走ることもできるんです。グールルマップの航空写真を見ると、走れる道かどうかもわかりますしね。

もう一つは、発した経路のログが取れて、あとからGPXファイルにできますので、ツーリングから帰ってきてから、楽しむことができます。今までは、スマホで別のアプリを立ち上げていたんですが、これはナビ1台で自動的に取得します。

ですので、ツーリングを楽しみかたによっては、なかなか使えるナビじゃないかと思いました。

ただし、ただし、ただし、やっぱり、画面が荒い、レスポンスが遅い、音声案内がちょっと変、価格が高い(今回は借用ですが、、、)などの問題点もあります。


YouTubeを見てたら、海外では新型のzumo590が数年前にもう出ていて、画面も綺麗だし、レスポンスも良いようです。ただ、日本では発売の気配もないみたいですね。




、、、、、、、ん??



と思ったら、何か変なものがネットに出ているみたいな、、、、、。




つづく。










« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ