« 今年最後の北上ツーリングと防寒対策&祝3万キロ | トップページ | 2017年のツーリング記録 »

2017年12月 3日 (日)

バイクにドライブレコーダーを設置。でもメーター周りが、、、

最近、あおり運転がニュースでも取り上げられています。私は、ほとんど経験が無いのですが、万が一事故になった時にやはり証拠映像があると、その後の対応が比較的スムーズに行くのでは無いかと、以前からドラレコ導入を考えていました。もちろん事故を起こさないことが一番大切なんですが、万が一ってこともありますしね。勤めている会社の車には全てドラレコが導入されています。

ただし、バイク用となると販売されている種類も少なくて、導入するキッカケがありませんでした。

個人的には、ドラレコで優先する条件は、
①付けっ放しでも盗難されにくい
②バイクのバッテリーから電源供給できる
③防水
④価格が高くない
やはり付けっ放しで、意識しなくても自動で録画されていれば良い。動画は別にアクションカムを使っているので、画像は記録として満足出る程度でよい。

で、ちょっと良さそうな物を見つけました。

Img_2067




MOTOR DV188です。

写真のとおり、完全に中国製です。
ただ、amazonのレビューを見ていると、そんなに悪くなさそうですし、ソフトのアップデートも行われていて、メーカーの対応も良さそうでしたので、購入してみました。

個人的なメリットは、
①本体の取り付けは単なるカメラネジですが、カメラや電源コードが繋がっていて本体を取り外しにくく、また本体だけ持ち帰っても役に立たないので、盗難されにくいかな?
②カメラが2台あり、前後を写せる(後方は追突用)
③カメラの画像が本体で写せる
④衝撃があると自動で録画保存され上書きされない
⑤カメラは防水(ただし、本体は防水ではない)
⑥価格もむちゃくちゃ高価ではない

早速取り付けて見ました。
電源ですが、最初はナビのZUMO590のコードにUSBがあるので、そこに接続しようと思いました。

Img_2045




ただし、もともとiPhone/iPad専用となっていることもあるのか、電流が不安定なのか録画が切れてしまったりしました。
そこで、ナビへの供給線から分岐して接続することにしました。ヒューズボックスからリレーを介して電源を取ろうかとも思いましたが、必要電力がナビと合わせても多く無いようですし、今後ファグランプの増設を考えているので、その時にリレーでの接続を新設しようと思いました。

Img_2061




前方のカメラは、ナビ用のバーに接続しました。

Img_2064




後方のカメラは、トップケースの下でテールランプの上に粘着テープで固定しました。コードも繋がっているし、カメラ自体は軽いのでテープだけでも大丈夫でしょう。

で、本体もナビ用のバーに設置です。

Img_2051




なんだか、メーター周りがパネルばかりになってしまって、、、、。

メーター、ナビ、レーダー、そしてドラレコ。
さすがに、ちょっとやりすぎなような気がします。ドラレコ本体は防水ではないので、ボタン部とメモリーカード部は透明のテープを貼って対応しようかと思っていますが、最終的には本体もビニール袋にいれてシート下とかどこかに収納しようかとも思っています。あくまでも記録用なのでモニターが見えなくても良いかな?

設置しただけで、実際に使っていないので、次回は使った感想を書いて見たいと思います。

« 今年最後の北上ツーリングと防寒対策&祝3万キロ | トップページ | 2017年のツーリング記録 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582827/66117517

この記事へのトラックバック一覧です: バイクにドライブレコーダーを設置。でもメーター周りが、、、:

« 今年最後の北上ツーリングと防寒対策&祝3万キロ | トップページ | 2017年のツーリング記録 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ