« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月22日 (月)

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー③ (Bluetooth レシーバーによる 音声入力はどうか? )

バイクにVRカメラを取り付けたいのですが、音声入力したくて、いろいろ試しています。

前回は、SENA20SをBluetooth接続してみたのですが、音量がとても小さく実用的には困難でした。

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー② (Bluetooth SENA20S 音声入力 )

そこで、今回は、Bluetoothレシーバーをテストしてみました。

YouTubeにも載せてみました。



VIRB360 Bluetooth音声入力レビュー Bluetoothレシーバー編



レシーバーはとても小さく軽いので、ヘルメットの口の部分にベロクロテーブで固定しました。小さなマイク穴をちょうど口のそばに設置しました。





20181015_223719




バッテリーはフル充電で10時間程度持つようなので、電源を入れっぱなしでもOKです。

結論から言うと、


①少し音がこもるようですが、音量的には実用に耐えるレベル


②周囲の音も程よく入るので良い


③マイク穴の位置は、シールドを開けたりしたが、その影響はないみたい


④VIRB360の電源を入れる、または録画を開始すると、すぐにBluetooth接続される。

SONY FDR-X3000へマイクの外部接続と比較すると、音がこもっているのがよくわかります。これはレシーバの性能なのかもしれませんが、とりあえずこれで使ってみたいと思います。

ついでに画像ですが、バイクのスクリーンの影響が少ないようですが、やはりSONY FDR-X3000と比較すると画像が荒いのは仕方がないです。



20181022_204734




20181022_204817



あと、カメラの位置は後方のトップケースにマウントをつけてみて、移動してみました。



Img_4299




ほとんど、ブレもなく良いかと思います。

20181022_204929




VIRB360は、確かにアクションカメラと比較すると画質は劣りますが、自由編集(HyperFrame)機能があるので、これは楽しいです。

20181022_204953_2




ナビバーに設置した時は、どうしても少しブレてしまうので、マウント方法を検討する必要があるかと思います。






2018年10月14日 (日)

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー② (Bluetooth SENA20S 音声入力 )

今回、バイクツーリング記録用に360度カメラ Garmin VIRB360を購入しました。

Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー① (とりあえず購入)

購入理由①の音声の外部入力を試してみました。

今は、Sonyのアクションカムのマイク端子にヘルメットに設置したピンマイクを外部接続して動画に音声を入れています。そこで、今回はVIRBにBluetoothで音声入力する考えです。


私はほとんどがソロツーリングしています。しかし、ナビ案内や音楽、それにレーダーを聞きたいので、BluetoothレシーバーとしてSENA20Sを使っています。SENA20Sは二つまでBluetooth機器を接続できるので、ナビとVIRBを接続したいと思います。

Img_4313

結論ですが、
1)Bluetooth接続は問題なくでき、音声も入力できた。しかし、音量がとても小さく、またときどき途切れて聞き取りにくい。(これは編集でなんとか改善可能)
2)本体のマイクをオンにするとエンジン音や風切り音で、音声がまったく聞こえない(これは本体マイクをオフに設定できる)
3)VIRBがBluetoothで繋がっている間は、ナビの音声案内は聞こえるが、音楽は聞こえなくなる(これはVIRBの電源を撮影以外はオフにすることで回避可能)
4)360度画像を2Dで書き出すと左だけのモノクロ音声となる(これは我慢する)

改善は可能ですが、特に音量の小さいことが重症で個人的には実用には問題があるかと思います。

Youtubeに少しだけアップしましたので、興味があれば見てください。

20181014_191544


あと、ついでにカメラの設置場所をトップケースに移してみました。個人的にはこのアングルも良いかと思います。

20181014_192105

ただし、後ろの場合は、電源などいろいろと課題もあり、設置場所については、改めて検討したいと思います。

少しだけ使ってみた感想ですが、画像や操作性については、バイクツーリング用としては適しているのではないかと感じました。










Garmin VIRB360 バイク車載360度カメラとしてのレビュー① (とりあえず購入)

先日、家族旅行に行くのに360度カメラをちょっと使ってみたら、ともて面白かったので、バイクツーリングに使ってみたくなりました。



今使っているSony FDR-X3000より確かに画質自体は比べ物ならないくらい劣りますが、一度に360度の録画ができて後からの2Dへの編集も自由にアングルを変えることができる。

そこで、いろいろ悩んだのですが、Garmin VIRB360を購入しました。

Img_4312




VIRB360に決めた理由ですが、





①外部の音声入力ができる


ツーリングの動画は、エンジン音だけを聴きながらの動画はともてつまらなく、やはり音声が入っていると良いと思います。(私は「しゃべり」が面白くも無いので、ほとんどが個人の記録用としていますが、、、、)


そのために、音声の外部入力が必要になります。360度カメラのほとんどが外部入力がなく、VIRB360はBluetoothでの音声入力ができる。

②本体のみで防水機能がある


これは説明不要ですが、雨天でも使用できる。(それに、なんとなくタフそう)



③メモリーが本体ではなく、SDカード仕様。
数日のツーリング時は本体メモリーのみでは容量が心配。出先でのスマホ等へのデータ移動は面倒。

④バッテーリーが交換できる


これは③と同様。もともと360度カメラはバッテリーの持ちが短いようなので、バッテリーをいくつか予備で持っていると途中で交換できる。また、VIRB360はUSBやバイクのバッテリーから持続給電できるマウントも純正で発売されている。

⑤その他


デザインがカッコ良い。(個人の好みですが)


形状も縦長でなく、横広でもなく、設置しやすい。


レンズカバーが交換可能。





バイクに設置するので使い方がハードになるので、Garmin製でアウトドアで酷使に耐えれると思いました。





とりあえず、バイクの設置してみました。



Img_4306_205605


Img_4303




ナビ設置バーに付けたのですが、ちょっとグラグラになっているのと、写りにスクリーンの影響が出るのかとちょっと心配です。





今後、音声入力や画像についてレビューして行きたいと思います。

















« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ